MESSAGE

体力、精神力、技術力を養う

第49回全国消防救助技術大会を令和2年10月及び令和3年10月に福岡県北九州市で開催するため、
鋭意準備を進めて参りましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況や、
救急搬送困難事案が減少していないこと等を総合的に判断し、中止が決定されました。
そこで、この2年の間に積み重ねられた消防救助隊員の訓練成果を全国の皆様に披露するとともに、
令和4年度に東京都で開催される第50回全国消防救助技術大会の機運を高めることを目的に、この特設ホームページを開設いたしました。
人命救助に懸ける消防救助隊員の想いが詰まった動画です。皆様のまちを守る消防救助隊員の雄姿をご覧いただけますと幸甚です。
結びに、新型コロナウイルス感染症が収束し、第50回全国消防救助技術大会が盛大に開催されますことを祈念いたします。
また、訓練動画の提供にご協力をいただいた各消防本部の方々には、本市消防局からの呼びかけにご賛同いただき感謝申し上げます。この場を借りてお礼を申し上げ、挨拶といたします。 北九州市消防局長 小清水 豊

北九州市で予定されていた第49回全国消防救助技術大会は、
新型コロナウイルス感染症の影響により延期、さらには中止となりましたが、
本特設ホームページを開設いただきました北九州市消防局の小清水局長をはじめ関係者の皆様に、心から感謝を申し上げます。
「全国消防救助技術大会」は、昭和47年から体力、精神力、技術力に優れた模範となる救助隊員を育成し、 国民の消防に寄せる期待に応えることを目的に開催されてきましたが、令和4年には第50回という大きな節目を迎えることとなります。
記念すべき節目の大会を、令和4年8月26日、東京都立川市にて開催いたします。
ついては、これまでの伝統を引継ぎながらも新たな未来に向けた意義ある大会とするため、
開催地として準備を進めておりますので、日々訓練に励む救助隊員をはじめ、全国の皆様の多くのご来場をお待ちしております。
結びに、新型コロナウイルス感染症の1日も早い終息と皆様のご健勝、ご活躍を祈念いたしまして、挨拶とさせていただきます。 東京消防庁消防総監 清水 洋文

ABOUT

全国消防救助技術大会とは

一般財団法人全国消防協会では、昭和47年から毎年、
全国消防救助技術大会(以下「全国大会」という。)を開催しています。
この全国大会は、救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することを通じて、
消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うとともに、
全国の消防救助隊員が一堂に会し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し、全国市民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的としています。
また、全国大会を通じて広く全国の市民に、消防の技術の高さ、力強さ、優しさをアピールするとともに、常に市民の目線に立って大会内容を研究し、全国大会を未来志向の大会とすることを目標としています。

MOVIE

訓練動画一覧

ページの先頭へ